家事の中で、水道の水は、毎日使用します。賢く使って節約しよう

家事の中で、水道の水は、毎日使用します。賢く使って節約しよう

家事に欠かせない水道、どう節約するか?

家事には欠かせないのが水道。水がなければお料理もできないし、洗濯もできない。お風呂にも入れない。快適になった現在だから、なくてはならないものになっている。その水道が、我が家を苦しめているのだ。我が家の水道代は異常に高いのだ。心配になって、水道局に問い合わせたことがあるくらいだ。しかし、水道局からの答えは、家族一人当たり5000円かかると思って下さい、と言われた。我が家は5人家族。単純に計算すると25000円だ。もちろん、上下水道で2か月分ではあるが。それにしても、光熱費の占める割合が高すぎる。実際のところ、我が家の水道代は2か月で2万円前後。近所の人に聞いたら、そんなにかかってないと言う。

では、なぜ我が家だけこんなに水道代がかかるのか?日々悩んでいる。そこで、節水に心がけるようにしている。しかし、子供たちがジャージャー水を出しっぱなしにしたり、寒いからお湯がでるまで待っていたら、無駄に水を流すことになってしまっている。家事にはなくてはならない水道だから、使わないわけにはいかない。最近では、私一人でも頑張って節水すれば、多少安くなるのではないかと努力している。洗濯は、お風呂の残り湯で、お風呂掃除もお風呂の残り湯をバケツにとっておき、それで洗っている。水がお湯になるまでの最初のもったいない水もバケツに汲んで洗濯に利用する。庭の植木の水やりは、庭にバケツを置いておいて、雨水をため、それで水やりをしている。

日々、地道ではあるが、こうやって節水をしている。なんとなく、以前に比べれば、家族が一人増えたにも関わらず、水道代が減っているような気がしている。これからも、家計のため、地球のために、エコな生活を心がけたい。

Copyright (C)2017家事の中で、水道の水は、毎日使用します。賢く使って節約しよう.All rights reserved.