家事の中で、水道の水は、毎日使用します。賢く使って節約しよう

家事の中で、水道の水は、毎日使用します。賢く使って節約しよう

家事に適した水道の蛇口の水栓を選ぶポイント

毎日の家事で使用する水道の蛇口には、手動タイプと自動タイプがあります。手動タイプというのは、自分で蛇口の水栓を動かして水を出したり止めたりするタイプです。自動タイプというのは、蛇口周辺に手をかざすと自動的に水が出て、手を離すと自動的に水が止まるというタイプです。手動式は自分自身で水量を調節できます。自動式は、あらかじめ設定されている水量が出ます。手動タイプの蛇口の水栓の良い点は、蛇口の水栓を調節することで水量を増やしたり減らしたりすることが可能なことです。食器を洗浄するときのように両手を使って作業をする時には、水を出しっぱなしにしておいたほうが効率的なこともあるわけですが、手動式の蛇口ならば、ごく少量の水だけを出し続けるように水量を絞る事も可能なのです。

キッチンの家事では水道の蛇口の存在は重要です。食材や食器を洗う時の快適度かが変わってくるからです。蛇口の水栓が自動というのは、センサーで人の手の存在を感知して、手をかざせば水が出て、手を離せば水が止まるというシステムです。自動タイプの良い点は、食器洗いや食材洗いなどの際に、汚れていたり石けんや洗剤の泡だらけの手で蛇口の水栓を触らなくても良い、という点です。水栓に触れることなく水を出したり止めたりできるのです。水が出ている時の水量は、あらかじめ設定してある水量だけなのですが、こまめに手をかざしたり離したりすることに慣れると節水効果も実感できるようになります。

Copyright (C)2017家事の中で、水道の水は、毎日使用します。賢く使って節約しよう.All rights reserved.